HOME » 印刷のマメ知識

印刷のマメ知識

凸版印刷

凸版印刷は文字通り凹凸のある版の凸部にインキを塗りそれを用紙に転写させるという最も原始的な印刷方法です。
グーテンベルクの活版印刷機も原理は同じです。要するにハンコを押して行くような方法です。 弊社が専門とするシーリング印刷や名刺などを刷る活版印刷、段ボール箱などの印刷をするフレキソ印刷などがこれにあたります。
活版印刷の版もグーテンベルクの頃は鋳造活字だったようですが現在ではエッチング技法による金属や樹脂製の版を使用します。 シーリング印刷は専用の機械でロール状の用紙に印刷をしますが1台の機械でで印刷→型抜き→シート状にカットまで出来ます。機械によってはインラインでラ ミネートや箔押し(ホットスタンプ)までこなせる機械もあります。
こういった特徴から比較的印刷工賃が安くできます。
版の特性上(版が凹凸で再現される。)から文字等の印刷に適しており『レタープレス』などとも呼ばれます。
反面、プロセスカラーのアミ点などは再現されにくく後で述べるオフセット印刷に比べるとやや劣ります。この欠点を克服すべく最近では輪転式のシーリング印刷機が主流になりつつあります。

 

 

 

 

凹版印刷

凹版印刷は凸版とは逆に版の凹部にインキをためてそれをプレスし用紙に転写させる印刷方法で、今日ではポリ袋などに用いられるグラビア印刷がこの方法です。
美術の時間にやったことがある方もおられるであろう『エッチング版画』がこの技法と同様です。
凸版印刷やオフセット印刷では印刷しにくい素材に適合する、他では得られない印刷濃度が出せる、細密な印刷が可能といった長所があります。
その反面、版の制作費が高価、小ロットに対応できない等の欠点もあります。

 

 

 

 

平版印刷

平版印刷は凹凸のない平らな版の上に科学的にインキの馴染みやすい部分を作り、水とインキの相性の悪さを利用してインキを転写させる方法です。
もう少し具体的に言うと親水性部分を作った版の上にまず水を塗り次にインキを塗ります。インキと水は反発しあうので版上の親水性でない部分・・・水のついていない部分にだけインキがつきます。このインキを一度ブランケットと呼ばれるゴムの版胴に転写した後、用紙に転写させます。これがオフセット印刷で今日では新聞を初めとする出版物、ポスター、チラシ等ほとんどの印刷物に使われています。
用紙は一般に枚葉のものを使用しますがシール、ラベルなどロール仕上げが必要な物や逆に新聞等の超大ロットのものにはオフセット輪転機が使用されます。
機械の種類によって大ロットから小ロットまで対応でき、写真製版によってほとんどの物を4色プロセスカラーで印刷することが出来ます。
 

 

 

 

 

孔版印刷

『穴の空いた版』の名のとおり目の細かい網にインキの通るところと通らないところを作り、穴の部分からインキを下に押しだし紙に転写させる方法です。
昔懐かしい謄写版やシルク印刷(スクリーン印刷)がこれに当たります。
シルク印刷は印刷物のインキの層が厚く(インキが盛れた状態、と表現します。)そのため耐光性に優れているので屋外に長期掲示するもの等に利用されます。
屋外看板、クルマ用のステッカーなどはほとんどシルク印刷で作られます。
欠点としてはスクリーンと呼ばれる網目を通すので細かい物には適しません。また同じ理由でプロセスカラーも苦手とします。
また、その印刷作業は手作業に近いものがあり大量印刷にも向きません。

 

 

 

 

オンデマンド印刷

コンピュータを使った印刷で簡単にいえばパソコンのプリンタの非常に高品位なもの。
他のパソコン周辺機器と同じくこの印刷の技術進歩はめざましいものがあります。
従来のオフセット印刷機をデジタル化したタイプや、シルク印刷に変わる屋外用の耐候性のある印刷のできるインクジェットタイプ等、様々な種類があります。
また、オンデマンド印刷の場合、抜き工程もコンピュータカットで行うことが多いです。

どれも基本的に用紙のロスが少なく、通常の印刷機のような前工程の時間があまり要らず「必要なときに必要なだけ」が売りです。
但し、インクジェット機などは印刷に要する時間が長く大ロット対応は無理があります。

どの印刷にでも言えることですが、価格、仕上がり、ロット、材質等によってベストの印刷方法を選ぶことが大切です。
弊社では常にお客様の要望に最適な印刷方法をご提案いたします。
 


インクジェット機の例


コンピュータカット機の例

 

 

 

 

プロセスカラー(フルカラー)

プロセスカラーとはいわゆる『フルカラー』のことです。
赤、黄、緑等のあらゆる色(金銀や蛍光色は除く)は3つの色の重ね合わせで表現することができます。
3つの色とはシアン(C)マゼンタ(M)イエロー(Y)です。
シアンの上にイエローを重ねると緑色を表現できますしマゼンタの上にイエローを重ねると赤を表現できます。また、3色を重ねると黒になります。(上の図)
中間の色を表現するにはそれぞれの濃度を調整します。
この場合の『濃度』とはインキを薄めるのではなく『アミ点』と呼ばれる点の集まりの密度で調節します。
下の図(カラーチャートと言います。)でいえばイエロー100%とマゼンタ40%を重ねるとオレンジ色になることがわかります。こうしてあらゆる色が表現できるわけです。
実際にはこの3色に黒(K)を加えた4色で印刷を行います。

この4色をプロセスカラーと呼び、この4色であらゆる色を表現する印刷をプロセス印刷といいます。

プロセス印刷には細密なアミ点の再現が不可欠となりますのでシルク印刷などではやや難があります。
オンデマンド印刷ではほとんどがこのプロセスカラーで印刷します。金銀が印刷できる機械もありますが、その場合は4色とは別に銀のインキが用意されています。
凸版印刷も以前ではあまりきれいに出来ませんでしたが近年製版技術と輪転機の普及によってオフセットにひけをとらないものが刷れるようになってきました。

 

 

 

 

カスタムカラー(スポットカラー)

カスタムカラーとは文字通り『特色』のことです。
プロセスカラーが3原色プラス黒ですべての色を表現するのに対しカスタムカラーはインキを調合してその色を作り出して印刷します。
このインキの調合もかつてはオペレーターのカンと経験で行われていましたが最近ではコンピュータ解析による調色システム(CCM=Computer Color Matching)が多く使われるようになりベテランでなくとも見本通りの調色ができるようになりました。
また色の指針としては『カラーチップ』とが『カラーガイド』と呼ばれるものが使われます。
これは基準となる色に番号をつけた色見本帳でDIC(大日本インキ)とPANTONEのものが有名です。
これらを用いることで実際に目にしないと伝えにくい『色』というものを標準化することができます。

カラーチップの例
左:PANTNE 右:DIC

 

 

 

 

デジタル原稿と製版

かつては製版をするのに台紙に写植文字や手描きロゴ、イラストなどを貼り付け、版下を作っていました。これをフィルムに撮り、組み合わせて製版フィルムを作り、それを版材に焼き付けて刷版を作っていました。
しかし現代ではそれらの作業をすべてコンピュータのモニター上で行えます。
 

そのベースになるのが「Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)」です。本やページの多いカタログなどはこれに加えて「Indesign(インデザイン)」や「QuarkExpress(クオークエクスプレス)」というページレイアウトソフトを使います。挿入する写真は「Photoshop」で切り抜きや加工を行います。

こうして出来た印刷原稿はモニター上で確認できますしプリントアウトしたものはそのままゲラとして使用できます。
近年ではCTP(Computer to Plate)という技術でフィルムを介さず、直接刷版として出力できるようになりさらに省力化が進んでいます。

さらに、オンデマンド印刷ではこの刷版も介さず、直接原紙に印刷します。
 


イラストレーターの作業例

 

 

 

 

タック紙について

シールの印刷には『タック紙』と呼ばれるあらかじめ糊引きされた用紙を使います。
シーリング印刷にはロール状になったものを、オフセット印刷やシルク印刷では枚葉になったものを使います。
印刷方法とその特徴についてはこのページの各印刷方法の説明をお読み下さい。

タック紙は

ベースの紙(表面基材)+糊(粘着剤)+セパレーター(剥離材)

で構成されています。


タック紙には使用する場所や貼る相手(被着体)、粘着の強弱等によって様々な種類があります。
使用場所が屋内で被着体は平滑なもの、一度貼ったら剥がさないといういちばん一般的な使用方法の場合は問題ありませんが、屋外での使用や粘着しにくい被着体の場合などは弊社営業までお気軽にお問い合せ下さい。

 

 

 

 

ベースの紙の種類

タック紙を大別すると屋内で使用するもの(材質が紙。耐水性に乏しい。)と屋外で使用するもの(材質がプラスチックフィルム。耐水性がある。)に大別されます。
もちろん屋内使用する場合でも水濡れの可能性のある場合はフィルム素材を使用する必要があります。
また、タック紙の場合、ベースの紙と糊(粘着剤)との組み合わせによって最適な素材選びをする必要があります。
ここではまずベースとなる紙の種類についてご説明します。
あわせて「糊の種類」の項もお読み下さい。

 

屋内用(白紙)
名称 特徴 主な用途
上質紙 コピー用紙などと同質のいちばん一般的な紙。表面にコート等は施されていないのでインキの含浸が多く印刷内容によってはにじみが出たりする。アミ点のある印刷等には不向き。印刷の後文字を書いたりするのには適している。安価である。 荷札、値札、事務用、ドットプリンタ用など
アート紙 上質紙の表面に顔料をコートして印刷特性をアップさせたもの。半光沢の艶がある。インキの滲みもなくカラー印刷にも適する。
価格は上質紙と変わらず安価。
POPシール、バーコードシール、その他いろいろ
ミラコート紙 アート紙の表面をローラーでプレスして鏡面仕上げにしたもの。
艶がある。印刷特性はアート紙と同じく良好。
価格は上質紙と変わらず安価。
アート紙と同じでさらに艶が欲しい場合。
含浸紙 上質紙に樹脂をしみこませて若干の耐水性を持たせたもの。
フィルムほどの耐水性はないが少々の湿気では破れることはない。
冷凍冷蔵食品、瓶詰め等のラベル。
印字用紙 コピー機やパソコンのプリンタ印字に適した表面コートを施したもの。プリンタの種類によってレーザー用、インクジェット用等各種あり。
また、サーマルヘッドのプリンタに対応したサーマル紙(熱を加えた部分が黒く発色する)もあります。
プリンタでの印字用
屋内用(色物、金銀)
名称 特徴 主な用途
ホイル紙 上質紙にアルミホイルをはりあわせたもの。金銀とそれぞれにツヤ有りツヤ無しがある。表面は金属であるがベースは紙なので耐水性はない。インキがしみこまないのでUV乾燥タイプのインキを使う必要がある。 ギフト用シール、食品ラベル他いろいろ
色上質紙 色つきの上質紙をタック加工したもの。
色数、色調等でわりと種類も豊富。これを利用して色分けの区分シール等に利用されることが多い。
上質紙と同じであるが色を変えて区分け用のシール等に。
色ミラコート 色つきのミラコートをタック加工したもの。
色上質ほど色数は豊富でない。
POP、ギフト、包装用等。
和紙 和紙にタック加工したもの。無地のほか、浮き出し模様のはいったものや粗い繊維で梳いた雲竜等もある。
一般的に高価。
包装用、ギフト用など。特に和風な物に。
その他特殊紙
  • 上質紙に蛍光塗料で着色した蛍光紙。
  • 洋紙で和紙の風合いを出したタック紙
  • 主に衣服のサイズ表示などに使われるサテンタック
  • 伝票用のノーカーボンのタック紙
  • 両面タック紙 など。
 
屋外用(フィルム)
名称 特徴 主な用途
ユポ 合成紙。プラスチックの繊維で梳いた紙。
素材自体はプラスチックであるが紙を梳くのに近い製法で作られているため印刷特性はフィルムに比べると良い。
カラーは白のみ。
屋外用ラベル、耐水性が必要なラベル、ステッカー。
PET リサイクル特性に優れたポリエチレン系フィルム。
白以外に金銀透明、それぞれにツヤあり、ツヤなしがある。
金銀にはヘアライン加工が施されたものもある。
透明の薄手のものはラミネート素材としても使用される。
価格的には高価である。
ユポと同じ。
薄手のものはラミネート素材。
塩ビ 塩化ビニールを薄く伸ばしたフィルム。
一般品は白であるが色つきの色塩ビや蛍光色の蛍光塩ビもある。
シルク印刷との相性が良くステッカー素材としての使用が多い。
屋外用インクジェット機の専用紙もこれが多い。
ステッカー。
カイナス (株)リンテックのリサイクル商品。
ペットボトルなどに貼ったまま再生可能なフィルム。
柔らかく、曲面貼り特性に優れている。白、透明がある。
ペットボトル等の再生を前提としたプラスチック製品・。
その他特殊紙
  • ホログラム素材を使用したもの。
  • 剥がすと「開封」の文字が浮き出たり、はがそうとするとちぎれて再度貼ることができなくなるなどの改ざん防止用のもの。
 

糊(粘着剤)の種類

粘着剤の分類は大別すると「貼ったまま使用」するものと「貼った後剥がす」ものに分けられます。
前者を「強粘着」後者を「弱粘着」と呼びますが最近ではさらに細分化されており、「強粘着再剥離』「弱粘着再剥離』等のものもあり、より用途によって選びやすくなっています。

 

タイプ 特徴・用途
強粘着タイプ 貼り付けたあと、剥がすことなく半永久的に貼ったままにすることを目的にした粘着剤。
その強さも一般強粘着の他、被着体(貼る物)に応じていろいろな種類がある。
例)鋼材用、粗面用、砥石用、冷凍食品用等
弱粘着タイプ
(再剥離タイプ)
貼り付けた後で不要になった時点で剥がすことを目的とした粘着剤。
ベースの紙との兼ね合いでいろいろな種類がある。
例)繊維用、箸用等
再貼付タイプ 一度剥がした後再度貼り付けることができるタイプ。
(株)リンテックの『リピール』マルウ接着の『リタック』等
特殊タイプ 水溶性粘着剤、アルカリ可溶粘着剤、繊維用、親展用など。

 

セパレーターの種類

タック紙を構成するもうひとつの大事な要素がセパレーター(剥離材)です。
使用後は捨てる部分でもあるので最近ではリサイクル可能な製品が多く出回っています。
構造的にはクラフト紙やグラシン紙、フィルムの表面にシリコン加工が施されています。

 

種類 特徴
クラフトセパ クラフト紙ベースのセパレーター。
厚めでしっかりしている。オフセット印刷やシーリング印刷のシート仕上げの製品に使われる。
グラシンセパ グラシン紙をベースにしたセパレーター。
グラシン紙は薄くて堅いのでロール仕上げのラベルに使われる。
カールしやすいのでシート仕上げのラベルには不向き。
フィルムセパ 透明フィルムベースのセパレーター。
表面の平滑性が高いのでラミネート素材のセパレーターとして使われたりする。
(セパレーターの平滑性が高いと糊面も平滑になるのでラミネートした際の透明度が高くなる。)
また見栄えの良さからキャラクターシールなどにもよく使われる。
このページの先頭へ